本文へ移動

園長ブログ(今日の早苗)

教職員も・・・みんなとても仲良しです。(^^♪

長年にわたり培われた職場の人間関係があります。

 早苗幼稚園は教職員同士の関係がとても良く、先輩、後輩、年齢、職種を超えて和気藹々

 とした雰囲気が感じられます。

 先生同士が仲良く助け合う姿を見ている子どもたちにとっても、お友達と仲良くする事

 の大切さを学ぶ良いお手本となり、クラスや学年を超えた子どもたちの絆を育みます。

 早苗で長年にわたり培われてきた保育も、互いに助け合い相談し合える関係がしっかりと

 築かれていて、退職した先生たちも行事の時には応援しに来てくれ、子どもたちの元気な

 様子を見に来てくれます。

 職場の人間関係が良好に保たれていることや、子どもたちが伸びやかに育っていることは

 保護者の方々もご存じで、早苗幼稚園の温かい雰囲気を高く評価して頂いています。

主な教職員の紹介【まぁ・・・こんな感じです。】

教職員紹介については、動物イラストに代えさせていただきます。
 
園長の心はクマさんのように逞しく、子どもが大好きな優しい性格で、副園長はいつも明るく朗らかな性格の持ち主です。 
英語担当のMr. Nakamuraは、スイッチが入ると子どもたちの集中力を一気に引出させるマジックを使います。グレッグ先生も子どもが大好きなので、昼休み時間などはよく園庭で遊んでくれています。 
スポーツ担当の先生たちは時には厳しく子どもたちを指導しますが、子どもたちからは絶大な人気があり、いつも慕われています。 
最後に運転主任はクマさんのような大柄で、バスも安全運転を心掛けていて、園内の整備や日曜大工なども上手に作ってくれる頼もしい存在です。

教職員・スタッフのイメージ

園長
成瀬 晴久 
副園長
後藤 麻実
英語学院長
中村 健一
体育担当
杉森 裕子
平野 新(あらた)
運転主任
鉄本 努

伸びやかにいつも元気いっぱいの子どもたちの様子(^^♪  \(^o^)/

お店屋さんごっこをして皆で楽しみました(^^♪ 【2022.8.19】

預かり保育のうさぎ組さんたちにとって、普段の保育とはまた違う体験が出来るのが楽しい様子です。今日はうさぎ組の先生たちが子どもたちと一緒に準備を重ねた、「お店屋さんごっこ」をして遊びました。皆で工夫をしながら作ったボーリングや輪投げ、魚釣り、ボール投げにヨーヨー釣り、ワニワニ・パニック・・・等々、順番にお客さん役、お店屋さん役に成り切り、「いらっしゃいませ~っ」と声を出して呼び込みも・・・。招待券を持ってお店に行く楽しさを味わっていました。子どもたちがお店湯さんの役割を担って、小さな子どもたちのお世話をする姿に、成長している様子が伺えました。
牛乳パックを利用したワニを作り、ワニの頭をピコピコ・ハンマーで叩いて遊びます!
ワニワニ・パニック
ボーリング遊びを担当する子どもたちは、倒れたピンも元通りセットする事も大切な役割です。
ボーリング遊び
年中うさぎ組さんたちのお部屋では、魚釣りを楽しむことが出来ます。
魚釣り
2歳児いちご組の子どもたちを、5歳児ゆり組の子どもたちが本当に優しく応対している姿が見られました!
しっかり応対中・・・
うさぎ組の子どもたちがお店屋を開いて、小さなお客様にしっかり対応していました!
2歳児のお客様たち

預り保育の子どもたちは日々元気に過ごしています! 【2022.8.18】

子どもたちの視線は木々の上に向いていますが・・・簡単には捕まえられません!
虫を探して・・・
虫捕りを楽しむうさぎ組の子どもたちです!
うさぎ組さんたち
めじろ公園の中は木々がたくさんあるので、セミやバッタも捕れるのが良かったです。
虫捕りに夢中
今日は子どもたちと一緒にお隣にあるメジロ公園まで遊びに出掛けました。
めじろ公園で・・
お盆休みも過ぎると、また預り保育に戻って来るうさぎ組やフルーツ組の子どもたちで幼稚園内は元気な歓声に包まれます。セミの鳴き声は次第に弱くなっていて、園庭のあちらこちらにセミが落ちています。子どもたちは動かなくなったセミを拾い上げ、虫籠に入れては捕まえた気持ちになっています。そこで今日はお隣りのメジロ公園に出向き、未だ元気に鳴いているセミやバッタを求めて、子どもたち皆なを連れて遊びに行きました。預かり保育ならではの異年齢保育が楽しめるように、先生たちは日々色々な工夫を重ねて、日々子どもたちにたくさんの経験をさせています。

今年もお盆シーズン近付いてきました! 【2022.8.8】

小学校も夏休みなので、登園する子どもの数は少なくなっていますが、連日猛暑日続きの中も、うさぎ組やフルーツの子どもたちは毎日元気にしています。フルーツ組の子どもたちも水遊びをしたり、うさぎ組の子どもたちもプールに入って毎日を楽しんでいます。昼休みの時間になると虫捕り網とカゴを持ち、セミを捕まえることに夢中になっています。お部屋に入る前には捕まえた虫をカゴから出して逃がすようにしていますが、弱ってしまってそのまま動かなくなる場合もあり、虫たちには可哀想ですがこれも子どもの成長の一貫と考えています。お盆休みには海やキャンプ、帰省など色々と予定されていると思いますが、子どもたちと一緒に様々な体験を味わってください。
年長うさぎ組の子どもたちは、牛乳パックを利用してワニを作っていました!
年長組では・・
1歳児みかん組の子どもたちは、今日は水遊びをして楽しんでいました。
デッキで水遊び
年中組のうさぎ組さんたちが、プールで自由に遊んでいました。
年中組プール
2歳児いちご組の子どもたちが、朝の時間帯に体育館の中で遊んでいました。
体育館で・・・
預り保育年中組の子どもたちがプール遊びを満喫していました!
プールで大はしゃぎ

8月に入って連日の猛暑日が続いています! 【2022.8.4】

お昼休みの時間になると、捕虫網片手に園庭を駆け回っています。
本当に元気一杯!
夏休み中も子どもたちはみんな、楽しそうに遊びを満喫して楽しんでいます!
うさぎ組さんたち
夏休み中の保育はどこかノンビリとしていて、子どもたちの表情もゆったりしている感じです。
木陰は涼しい?
うさぎ組の子どもたちの間で、今一番流行っているのがセミ捕りです。
セミ捕りに夢中!
8月に入り夏休み期間中の預り保育に登園する子どものたちも、日々70名前後と普段の半分以下なので、園内はいつもより静かな落ち着きを感じます。子どもの人数が少ないので園庭やプールも広々としていて、うさぎ組の子どもたちの間では今セミ捕りがとても流行っています。未満児フルーツ組の子どもたちも、普段よりも静かになった園内の様子を感じ取っていると思います。夏休み期間中もうさぎ組の先生達は、子どもたちの喜ぶ遊びを工夫して、毎日楽しい一日が過ごせるように頑張ってくれています。外は猛暑の暑さですが、お部屋に戻ると涼しいので、午睡している子どもたちの姿は天使のように可愛らしいです。

夏休み中も預かり保育うさぎ組の子どもたちは元気溌剌! 【2022.7.22】

一昨日の水曜日で1学期は終わりましたが、預り保育うさぎ組やフルーツ組の子どもたちは引き続き元気に幼稚園に登園しています。年少組の子どもたちの中には、今年から初めて預り保育のお部屋に入る子どもも居ますが、どの子もとても落ち着いていて、保護者の皆さんも安心してお仕事に専念して頂けます。今日も朝から強い陽射しが照り付ける一日でしたが、子どもたちは涼しいお部屋で絵本を読んで貰ったり、プールに入ったり、製作を楽しんだり等々、いつもとは少し違う夏休み中の保育を楽しんでいました。
先生と一緒に手遊びを楽しむ子どもたちのスナップ!
手遊びも・・・
順番交代にプールに入って楽しむ子どもたち!
気持ち良いよ~
預かり保育でも担当の先生が読み聞かせてくれます。
楽しい絵本(^^♪
年長うさぎ組さんが手に絵具を付けて製作遊びを楽しんでいる様子です。
ペタペタ手形!

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る